スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もテレビの話。
ブログとか、テレビ番組とか、色々最近見てるんで。

なんというか、テレビからは二つの偉大な特徴が失われている気がする。

「随所まで練られた、センス抜群さ」と、「どこまでも突っ切る、バカバカしさ」だ。

どちらも真反対ながら、テレビを象徴する個性だったと思う。

トリビアの泉のように、VTRの隅にまで細かいボケが散りばめられたような、センシティブな番組。

見るカチもないような、本当にバカバカしくでくだらない番組。

どちらのタイプの番組も見ていて面白かったのだが、どんどん少なくなっている。

だからこそ、
僕は「くりぃむナントカ」「ホリさまぁーず」「ゴッドタン」「アリケン」「シルシルミシル」「しゃべくり007」が
好きなのだと思う。

今年の26HTVは、安易に視聴者に媚を売った、薄い内容になりそうな気がしてならない。
そもそも、ヘキサゴンという番組が、そういう番組だからだ。
紳助が様々な芸人達と繰り広げるトークバトルは楽しみだが。

まぁ去年が良すぎたし。27時間オール笑いっぱなし。
「笑い」を追求していたが故に産まれた、エンディングの最大級の感動と笑い。
今年みたいに、最初から「感動」を狙おうとしていたら、あそこまでのスペクタクルは起こらない。

もうさ、何回書いたって話だけど、最っっっ高過ぎたじゃん。
俺エンディングで泣きそうになったもん。鳥肌立ったし。それほど凄まじかった。
ビートたけし、今田耕司などなど、芸人が見せる輝きもハンパなかった。
中堅芸人は相当刺激受けたと思う。ナイナイは、かなり自分達の甘さを知っただろうし。
本当に凄かった。スタッフの気合いも違ったし。
車庫入れのとこなんか、苦情くるからって、提供を一切入れなかったんですよ!?
今のテレビだって、そこまでやれるんです。

声を枯らしてまで、喋り続けたさんまさんも本当に凄まじかったです。
果たして、そこまで今年はできるだろうか?
絶対できないでしょ。榊原。

24時間テレビとは違うんです。

以上。アベフトシ追悼、I L O V E M U S I Cに近日アップ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

シルシルミシルとしゃべくりとマジ歌は面白いよね
10秒ストップうさぎ時計
貴様は果たして10秒でストップできるか!
ちゃきん。無料HP素材の小箱
プロフィール

トッポ

  • Author:トッポ
  • 札幌在住の高校生。
    大したことないやつですよ、想像以上に。









    ↑最近聞いた音楽↑


    ↑ASIAN KUNG-FU GENERATION↑


    ↑Toppo Weekly Music Ranking↑


    ↑ナタリーのニュース↑



最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ
フリーエリア
あわせて読みたいブログパーツ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。